ラッピングのこと

ちょっと特別な和紙の包装


8月4日は和紙(わし)の日だそうです。

和紙は日本古来の紙。
本来の和紙は楮(こうぞ)や雁皮(がんぴ)など、
日本に自生していた植物の繊維を使い、
高い技術によって手すきで作られていました。
明治以降は製法の機械化も進み、
量産やそれまでにはできなかった大きなサイズの紙も作られるようになります。

和紙の最大の特徴は、独特の風合いです。
長い繊維が絡み合って結合しているので、
薄くてもとても丈夫で、耐久性に優れています。
また、和紙の原料には紙質を弱くする成分が含まれていないので、
劣化しにくく、保存性が高いともいわれています。

西洋から伝わった洋紙は、パルプやコットンなどで作られた紙。
印刷をするために生まれた紙なので、
表面が平たく均質で、インクが乗りやすくなっています。

独特の風合いのある和紙の包装紙は、贈り物により特別感を演出します。

色のついたもの、図柄が染められているもの、透かし模様の入ったものなど、
産地や製法によって、さまざまな表情を楽しむことができます。

洋紙に比べると派手さはありませんが、
温かみのある上品さで、凛とした存在感を放ちます。

その日本らしい奥ゆかしさは、海外の方にも喜ばれるかもしれません。

つつみ屋工房では、和紙や水引きなど、さまざまな和の包装資材も揃えています。

ちょっと特別な和紙の包装で、大切な方への贈り物を包んでみませんか。

つつみ屋工房 日本橋高島屋店では、
お持ち込みいただいたお品物のラッピングを承っております。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    贈り手の思いを伝えるラッピング

    贈りものを贈るということ。それは贈られる側がうれしいのはもちろん、…

  2. ラッピングのこと

    夏のごあいさつ

    梅雨が明けると、いよいよ夏がやってきます。1年も半分を過ぎ、お…

  3. ラッピングのこと

    夏休みの思い出をラッピングに

    もうすぐ夏休みも折り返し。お盆休みがやってきます。お盆には…

  4. ラッピングのこと

    6月の花嫁

    古くから欧米では「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれており…

  5. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み

    60年以上の歴史があるマルニ・ロジコムつつみ屋工房の運営会社である…

  6. ラッピングのこと

    ビジネスの手土産

    先日、私たちが表紙のイメージラッピングのお手伝いをさせていただいた…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    「包装紙もプレゼントの一部」として考える文化
  2. ラッピングのこと

    ちょっと特別な和紙の包装
  3. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」
  4. ラッピングのこと

    「手みやげ」の文化は日本だけ?
  5. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」
PAGE TOP