ラッピングのこと

6月の花嫁


古くから欧米では「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれており、
「ジューンブライド(June Bride)」は日本でもよく知られています。

「ジューンブライド」の由来には諸説あり、
そのひとつが結婚や出産を司るローマ神話の女神ユノ(Juno)が
6月を守護しているからというものです。

6月の英語名【June】は、この女神ユノ(Juno)の名前からきています。
ユノが6月の守護神であることから、
この月に結婚をする花嫁はそのご加護を受けて
生涯幸せに暮らせるといわれています。

また、かつてヨーロッパでは、
農作業が忙しくなる3月~5月の結婚が禁じられていたそう。
そのため、農作業が落ち着いて結婚が解禁される6月になると
たくさんのカップルが結婚式を挙げたため
多くの人に祝福されて幸せになったから、という説もあります。

6月は日本では雨の続く梅雨の季節ですが、
欧米では、雨が少なく天気のよい日が多い時季にあたります。
長い冬が明けて気候が安定し、緑や花が咲きはじめ、
開放的な明るいムードになる季節は結婚式に最適。
その中で祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、
という言い伝えもあるそうです。

日本では梅雨時の6月は結婚式を挙げる人が少なかったため、
ブライダルやホテル業界が売り上げの向上を目的として
ジューンブライドを広めた、という説も。。

「6月の花嫁は幸せになれる」
伝統や言い伝え、縁起を大切にする日本人にとって、
このロマンチックな言い伝えに共感を抱く人が多かったのかもしれません。

つつみ屋工房では、結婚式用の大量ラッピングも承っております。
人と人の縁を結ぶ結婚式のささやかなお手伝いができれば嬉しく思います。

すべてのカップルに、たくさんの幸せが訪れますように。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    秋の夜長に本のプレゼント

    厳しかった残暑も落ち着き、朝晩は涼しいと感じる日も増えてきました。…

  2. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」

    平成最後の長いゴールデンウィークが終わると、「令和」初めての母…

  3. ラッピングのこと

    お父さんにも「ありがとう」

    あれ?父の日っていつだっけ??母の日に比べると、つい忘れられが…

  4. ラッピングのこと

    バレンタインの贈り物

    もうすぐバレンタイン。この週末は大切な人への贈り物を探しに行く…

  5. ラッピングのこと

    敬老の日に思いを込めて

    毎年、9月の第3月曜日は敬老の日。今年は9月16日です。…

  6. ラッピングのこと

    ビジネスの手土産

    先日、私たちが表紙のイメージラッピングのお手伝いをさせていただいた…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    秋の夜長に本のプレゼント
  2. ラッピングのこと

    敬老の日に思いを込めて
  3. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」
  4. つつみ屋工房 日本橋高島屋店

    つつみ屋工房のこと

    つつみ屋工房日本橋高島屋店がオープン!
  5. ラッピングのこと

    バレンタインの贈り物
PAGE TOP