ラッピングのこと

照れくさいけれど「ありがとう」


平成最後の長いゴールデンウィークが終わると、
「令和」初めての母の日がやってきます。

母の日は、日頃のお母さんへの感謝を表す日。
日本では5月の第二日曜日に祝われています。

母の日の起源は、アメリカの南北戦争の直後、
女性参政権運動家の女性が今後夫や子どもを戦場に送るのを拒否しようと立ち上がり、
「母の日宣言」を発したことが起源とされています。

この母の日は、南北戦争中に敵味方問わず兵士の介護をした
アン・ジャービズという女性の活動にヒントを得たものだそうです。

ジャービズの死後、娘のアンナ・ジャービズが亡き母を偲び、
白いカーネーションを祭壇に飾り、追悼に訪れた列席者にも配りました。

それ以降、お母さんが健在であれば赤いカーネーションを、
亡くなっている場合には白いカーネーションを贈ることが習慣となっていきました。

日本では、明治末期頃から一般に広まっていき、
昭和初期から戦後しばらくの間は当時の皇后陛下の誕生日であった
3月6日が母の日とされていたこともあったそうです。

あまりに大きな記念日のイベントとなり、
商業的、ビジネス的な流れになってしまったことに
アンナが心を痛めたこともあったそう。

でも、こんなきっかけでもなければ、特にシャイといわれている日本人は
お母さんに日頃の感謝を伝えることはできなかったかもしれません。

今年の母の日は、5月12日。
ちょっと照れくさいけれど、
「令和」と年号が変わることを言い訳に
お母さんへの「ありがとう」の気持ちを込めて、
特別な母の日のギフトを贈ってみてはいかがでしょうか。

つつみ屋工房 日本橋高島屋店では、
お持ち込みいただいたお品物のラッピングを承っております。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み

    60年以上の歴史があるマルニ・ロジコムつつみ屋工房の運営会社である…

  2. ラッピングのこと

    記念品に心を込めて

    2月も後半を過ぎれば、もうすぐ卒業式シーズンがやってきます。…

  3. ラッピングのこと

    『簡単な』ラッピングとは?

    卒業や入学、就職祝いなど、なにかと贈り物をする機会の多い春。大…

  4. ラッピングのこと

    日本のおめでたい結び

    新しい年が始まりました。神聖な気持ちで新年を迎え、さまざまな場…

  5. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物

    今年も残すところあとわずか。平成最後のお正月がもうすぐやってき…

  6. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」

    誰かにプレゼントを贈るとき、相手の喜んでくれる顔を想像しながら…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物
  2. つつみ屋工房のこと

    毎月届けるプレゼント「サブスクリプション」
  3. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」
  4. ラッピングのこと

    『簡単な』ラッピングとは?
  5. ラッピングのこと

    「手みやげ」の文化は日本だけ?
PAGE TOP