ラッピングのこと

1年の感謝を伝えるごあいさつ

早いもので今年もあと2ヶ月。
年末に向け、お歳暮の季節がやってきました。

お歳暮とは、今年1年お世話になった方に対して
「今年1年間どうもありがとうございました。また来年もどうぞよろしくお願いします。」
という感謝の気持ちを込めて渡す贈りものです。

もともとお歳暮は、その字のとおり「年末」という年の暮れを表す言葉でした。
日本ではこの時期、お正月の神様へのお供えものを準備していました。
分家した親族や嫁いだ娘などが、本家や親元に歳神様へのお供えものを贈っていたのが
お歳暮の起源となったといわれています。
また、かつては年の暮れになると
商人が手土産を持参してお得意先に挨拶回りを行っていました。
その贈りもののことが「お歳暮」と呼ばれるようになり、
お得意様やお世話になっている方にお歳暮を贈る
現在の形に定着していったと考えられています。

お歳暮は、もともと12月13日から20日までのあいだに贈るのが習わしでした。
12月13日は「正月事始め」と呼ばれ、門松に使う竹や松を山へ採りに行くなど、
この日からお正月の準備に取り掛かりました。
お歳暮は本来、新年を守護する歳神様へのお供えものだったので、
贈るのは12月13日以降とされていたのです。
現在では忙しい年末を避け、日付けが前倒しになる傾向が強まり、
東日本では11月下旬~12月20日頃、西日本では12月13日~20日頃までに贈るのが一般的です。

何らかの事情でお歳暮の時期を逃してしまった場合には、
新年に「御年賀」や「寒中御見舞」として届けましょう。
松の内までに贈る場合には「御年賀」、松の内以降には「寒中御見舞」を使います。
松の内にも1月7日までとするところ、1月15日までとするところと地域差があるので、
贈る方の住んでいる地域を事前によく確認しておくことが大切です。

お歳暮の水引きは、何度あってもうれしいことに使う「紅白の蝶結び」が基本ですが、
つつみ屋工房では、オリジナルの水引きも多数ご用意しています。

1年の終わりのご挨拶に、特別な贈りものを選んでみてはいかがでしょうか。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    ちょっと特別な和紙の包装

    8月4日は和紙(わし)の日だそうです。和紙は日本古来の紙。…

  2. ラッピングのこと

    「手みやげ」の文化は日本だけ?

    もうすぐゴールデンウィークですね。今年のゴールデンウィークは最…

  3. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み

    60年以上の歴史があるマルニ・ロジコムつつみ屋工房の運営会社である…

  4. ラッピングのこと

    秋の夜長に本のプレゼント

    厳しかった残暑も落ち着き、朝晩は涼しいと感じる日も増えてきました。…

  5. ラッピングのこと

    お祝いごとにはなぜ紅白?

    入学式や卒業式、結婚式、記念式典など、お祝いごとの際には紅白幕…

  6. ラッピングのこと

    子どもたちのためのハロウィンギフト

    10月のイベントといえば、最近は日本でもハロウィンの人気が高まって…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    ちょっと特別な和紙の包装
  2. つつみ屋工房 日本橋高島屋店

    つつみ屋工房のこと

    つつみ屋工房日本橋高島屋店がオープン!
  3. ラッピングのこと

    子どもたちのためのハロウィンギフト
  4. ラッピングのこと

    お祝いごとにはなぜ紅白?
  5. ラッピングのこと

    『簡単な』ラッピングとは?
PAGE TOP