ラッピングのこと

敬老の日に思いを込めて


毎年、9月の第3月曜日は敬老の日。
今年は9月16日です。

敬老の日とは、長年にわたり社会に尽くしてきたご老人を敬い、
長寿を祝う日とされています。
昭和41年に建国記念の日、体育の日とともに国民の祝日に制定されました。

敬老の日の始まりは、
昭和22年に兵庫県の野間谷村で催された「敬老会」に由来するといわれています。
この村の村長が「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村作りをしよう」という趣旨から開いたもので、
ちょうど農閑期にあたり、気候も良い9月中旬の15日に開催されました。

また、9月15日という日程は
593年に聖徳太子が大阪市の四天王寺に
身寄りのない老人のための施設「悲田院(ひでんいん)」を
設立したと伝えられる日にちなんでいるという説もあります。

敬老会として野間谷村から始まった敬老の日は
その趣旨への賛同が県内の市町村にも広がっていきました。

昭和26年には9月15日が「としよりの日」と定められます。
昭和39年からは「老人の日」とよばれ、
15日からの1周間は老人週間として敬老行事が行われてきました。
その後、昭和41年に祝日に制定されるにあたり、
現在の「敬老の日」と改称されました。

名称や日にちが変わっても、
変わらないのはお年寄りを大切にして、労りや感謝の気持ちを表す心です。

「これからも、ずっと元気で長生きしてね」

夏休みは予定が合わなかったり、天候の影響で帰省ができなかった方も
ちょっとしたプレゼントを持って
おじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってみてはいかがでしょうか。

つつみ屋工房 日本橋高島屋店では、
お持ち込みいただいたお品物のラッピングを承っております。

また、現在お子さまが描いた絵をプリントした包装紙でプレゼントを包む
「敬老の日オリジナルラッピングキャンペーン」を実施しています。

受付・絵の提出締切日は、9月11日(水)19:00まで。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

敬老の日オリジナルラッピングキャンペーン

大切な方へ、特別な「きもち」をつつむお手伝いをいたします。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物

    今年も残すところあとわずか。平成最後のお正月がもうすぐやってき…

  2. ラッピングのこと

    6月の花嫁

    古くから欧米では「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれており…

  3. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み

    60年以上の歴史があるマルニ・ロジコムつつみ屋工房の運営会社である…

  4. ラッピングのこと

    贈り手の思いを伝えるラッピング

    贈りものを贈るということ。それは贈られる側がうれしいのはもちろん、…

  5. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」

    誰かにプレゼントを贈るとき、相手の喜んでくれる顔を想像しながら…

  6. ラッピングのこと

    ちょっと特別な和紙の包装

    8月4日は和紙(わし)の日だそうです。和紙は日本古来の紙。…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」
  2. ラッピングのこと

    「包装紙もプレゼントの一部」として考える文化
  3. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物
  4. ラッピングのこと

    バレンタインの贈り物
  5. つつみ屋工房 日本橋高島屋店

    つつみ屋工房のこと

    つつみ屋工房日本橋高島屋店がオープン!
PAGE TOP