ラッピングのこと

子どもたちのためのハロウィンギフト


10月のイベントといえば、最近は日本でもハロウィンの人気が高まっています。
日本では思い思いの仮装やコスプレをしてイベントやパレードに参加したり、
みんなで集まってパーティーを開くことが定番となってきました。

本来のハロウィンは、ケルト民族のお祭りに由来しているとされています。
古代ケルトでは、10月31日を1年の終わりと考え、1年の収穫を感謝するお祭りが行われました。
また、その日は現世と死後の世界の扉が開き、先祖の霊が戻ってくると信じられていました。
この時には先祖の霊だけではなく、悪霊や魔女なども死後の世界からやってきて地上を彷徨うとも。。。
仮装をするのは、悪霊や魔女などと同じ格好をすることで、
仲間だと思わせて悪しきものから身を守るためでした。

その後、19世紀に入り移民とともにアメリカに上陸したハロウィンは、
現在のようなエンターテイメント性の高いイベントへと変化していきます。

英語圏の国では、ハロウィンの日に仮装した子どもたちが近所の家を訪ね歩き、
お菓子をもらうのが伝統となっています。

「Trick or Treat(お菓子をくれないとイタズラするぞ)!」
定番のかけ声で子どもたちの訪問を受けた住人は、
「Happy Halloween!」と応え、お菓子を渡すのが習わしです。
大量のお菓子を用意して子どもたちの訪問を待つハロウィンは、
地域の人びとと子どもたちの交流の機会となっています。

日本では文化の違いや住宅事情により、
近所のお家をまわってお菓子を集めるというのは難しいかもしれませんが、
家族や友人とのハロウィンパーティーの際に小さなお菓子やちょっとしたプレゼントを用意して
みんなで交換し合うというのも楽しそうですね。

つつみ屋工房では、セット組みや大量のラッピングも承ります。
ハロウィンパーティーの準備に、まずはお気軽にご相談ください。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」

    誰かにプレゼントを贈るとき、相手の喜んでくれる顔を想像しながら…

  2. ラッピングのこと

    日本のおめでたい結び

    新しい年が始まりました。神聖な気持ちで新年を迎え、さまざまな場…

  3. ラッピングのこと

    夏休みの思い出をラッピングに

    もうすぐ夏休みも折り返し。お盆休みがやってきます。お盆には…

  4. ラッピングのこと

    事例紹介:バースデーラッピング 〜テーマは『皇帝』〜

    これからの季節はお歳暮やクリスマス、年末年始に向けてラッピングの需…

  5. ラッピングのこと

    サンタさんのお手伝い

    日に日に寒さが増し、街や店頭でもクリスマスのディスプレイを見かける…

  6. ラッピングのこと

    ホワイトデーのお返し

    少しずつ春の暖かさを感じる日が増えホワイトデーが近づいてきまし…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    「手みやげ」の文化は日本だけ?
  2. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」
  3. つつみ屋工房のこと

    毎月届けるプレゼント「サブスクリプション」
  4. ラッピングのこと

    夏のごあいさつ
  5. ラッピングのこと

    お父さんにも「ありがとう」
PAGE TOP