ラッピングのこと

日本のおめでたい結び


新しい年が始まりました。
神聖な気持ちで新年を迎え、さまざまな場所で
日本古来の飾り結びを目にした方も多いと思います。

お正月飾りと言われて真っ先に思い浮かぶのは、
しめ縄やしめ飾りではないでしょうか。

これらの飾りには、元旦の朝に家に訪れる「年神(としがみ)様」が、
玄関先がどこかと迷ってしまわないようにするための目印であるという説があります。
玄関先に飾られる門松も、同じように目印としての役割を担っています。

また、神社がしめ縄を張っているのと同様に
しめ縄が神の領域と現世を隔てる結界となり、
家の中が神聖で清らかな場所であることを示す意味があります。
この風習は年神様をお迎えするにあたり、
不浄なものが入らないようにという心遣いから始まったといわれています。

もうひとつ、お正月といえばお守り。
1年の感謝を込めてお守りをお返しし、
新しいお守りを受けた方も多いと思います。

お守り袋の紐は細い絹糸や綿糸を組み上げた組紐で、
「叶結び(かのうむすび)」「二重叶結び」
という結び方で結ばれています。

日本に古来から伝えられてきた装飾結びのひとつで、
結び目が、表から見ると『口』の字に、裏から見ると『十』の字に見えることから、
めでたい結びとして儀式用やお守りを結ぶのに用いられてきました。

このほか、装飾ラッピングにもよく用いられる結びに
「あわじ結び」「あわじ玉」「梅結び」などがあります。

あわじ結びは、その形があわびの貝の形に似ていることから、
別名「あわび結び」とも呼ばれています。

両端を持って引っ張るとさらに強く結ばれるため
「末永いおつきあいをしたい」という願いが込められ、
結婚式などでよく用いられます。

このあわじ結びをキュッと引き締めて球形にしたのがあわじ玉です。
コロンとした小さな玉が、かわいらしいワンポイントになります。

あわじ結びと同じく、
簡単にはほどけない梅結びも定番の結びのひとつ。

長寿や幸福の意味が込められ、婚礼のお祝いにも多く用いられています。
5枚の花びらの梅をモチーフにした形が、清楚ながらも華いだ印象を添えます。

キラキラとしたリボンのラッピングはもちろん素敵ですが、
時には繊細な奥ゆかしさを感じる日本のラッピングを添えて
大切なあの方に贈り物を贈ってみてはいかがでしょうか。

つつみ屋工房 日本橋高島屋店では、
お持ち込みいただいたお品物のラッピングも承っております。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:30〜18:30 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    「包装紙もプレゼントの一部」として考える文化

    12月も半ばを迎え、街はクリスマスムードで盛り上がっています。…

  2. ラッピングのこと

    贈り手の思いを伝えるラッピング

    贈りものを贈るということ。それは贈られる側がうれしいのはもちろん、…

  3. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み

    60年以上の歴史があるマルニ・ロジコムつつみ屋工房の運営会社である…

  4. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物

    今年も残すところあとわずか。平成最後のお正月がもうすぐやってき…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    日本のごあいさつの贈り物
  2. つつみ屋工房のこと

    定期的にラッピング講習をしています
  3. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み
  4. ラッピングのこと

    日本のおめでたい結び
  5. つつみ屋工房 日本橋高島屋店

    つつみ屋工房のこと

    つつみ屋工房日本橋高島屋店がオープン!
PAGE TOP