ラッピングのこと

サンタさんのお手伝い


日に日に寒さが増し、街や店頭でもクリスマスのディスプレイを見かけるようになりました。
そろそろサンタさんにお手紙を書いたり、クリスマスケーキを選んだり、
クリスマスの準備をはじめたご家庭もあるかもしれません。

子どもたちにプレゼントと夢を届けるサンタさんですが、
本物のサンタクロースには実は公認制度があるのをご存知でしょうか。

世界で唯一本物のサンタクロースが在籍する「グリーンランド国際サンタクロース協会」。
北欧のデンマーク、スウェーデン、ノルウェーを中心に、各国に支部があります。

グリーンランドは、北極の近くにある世界でいちばん大きな島。
ここには永遠の命を持つ長老サンタクロースが住んでいると言われています。
かつてはたった1人で世界中の子どもたちにプレゼントを配っていたそうですが、
だんだんとそれも難しくなり、この長老サンタクロースのサポートをするために設立されたのが
「グリーンランド国際サンタクロース協会」でした。
厳しい条件や試験、長老サンタの面接などをクリアした者だけが
公認サンタクロースになることができます。

公認サンタクロースになるための条件は4つ。
1. 結婚していること 
2. 子どもがいること
3. これまで、サンタクロースとしての活動経験があること
4. サンタクロースにふさわしい体型であること
(衣装やその他の装備込みで、体重120kg以上)

また、試験のひとつである体力測定もかなりハード。
まずはプレゼントの入った袋を持って50mの全力疾走。
はしごで煙突に登り、暖炉から出てもみの木の下にプレゼントを届けます。
つぎに暖炉の上に置かれたクッキー6枚と牛乳568mlを完食し、
再び暖炉から煙突を通り、はしごを降りて50m走ってゴール!
合格の選考基準タイムなんと2分だそう。

選ばれた世界各国の公認サンタクロースたちは、
クリスマスを家族と一緒に過ごすことのできない子どもたちにプレゼントを配りに行ったり、
小児病院や福祉施設にいる子どもたちの元を訪問するなど、さまざまな活動を行っています。
また、毎年7月にはデンマークで各国の公認サンタクロースが集まる
「世界サンタクロース会議」が開催され、
よい子・わるい子の審査や時代に合わせたプレゼントの中身、
クリスマスの正しい過ごし方などが話し合われているそうです。

グリーンランド国際サンタクロース協会が認定している
「公認サンタクロース」は、現在世界に約180人ほど。
オーストラリアを含むアジア地域には、
たった1人の日本人公認サンタクロースしかいません。
多忙なサンタさんに代わり、ときには世の中のお父さん、お母さんが
サンタさんのお手伝いをすることがあるのも納得ですね。

つつみ屋工房でも、クリスマス向けの包装紙や装飾小物を用意して
プレゼント包装の準備をしています。

微力ながら、サンタさんやお父さん、お母さんのお手伝いができるよう、
スタッフ一同心よりお待ちしております。

【持ち込みラッピングサービス つつみ屋工房 日本橋高島屋店】
住所:〒103-8265 東京都中央区日本橋2-4-1 日本橋高島屋本館一階
電話番号:03-3211-4111 内線5137(高島屋本館一階婦人洋品売場)
営業時間:11:00〜19:00 (最終受付)

 つつみ屋工房オフィシャルサイト 店舗案内 > 

関連記事

  1. ラッピングのこと

    照れくさいけれど「ありがとう」

    平成最後の長いゴールデンウィークが終わると、「令和」初めての母…

  2. ラッピングのこと

    『簡単な』ラッピングとは?

    卒業や入学、就職祝いなど、なにかと贈り物をする機会の多い春。大…

  3. ラッピングのこと

    1年の感謝を伝えるごあいさつ

    早いもので今年もあと2ヶ月。年末に向け、お歳暮の季節がやっ…

  4. ラッピングのこと

    ホワイトデーのお返し

    少しずつ春の暖かさを感じる日が増えホワイトデーが近づいてきまし…

  5. ラッピングのこと

    6月の花嫁

    古くから欧米では「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれており…

  6. ラッピングのこと

    お祝いごとにはなぜ紅白?

    入学式や卒業式、結婚式、記念式典など、お祝いごとの際には紅白幕…

つつみ屋工房公式サイト

最新事例&サンプル等インスタ更新中!

  1. ラッピングのこと

    1年の感謝を伝えるごあいさつ
  2. つつみ屋工房のこと

    倉庫屋が持ち込みラッピング業務をする強み
  3. ラッピングのこと

    記念品に心を込めて
  4. ラッピングのこと

    事例紹介:バースデーラッピング 〜テーマは『皇帝』〜
  5. ラッピングのこと

    受け取るお客様を想って「手を傷つけない安心包装」
PAGE TOP